スタッフブログ

Home > スタッフブログ > June Bride

みなさんこんにちは(*^_^*)

昨日まで30℃を超える真夏日が続いてましたが、

今日は天気予報通り雨模様&10℃も気温が下がり、一気に寒くなりましたね。。

昨日まで半袖でも暑いくらいだったのに、今日は長袖でも寒く、温度管理が難しいですね・・・

皆さん、風邪などひかないようお気を付けください\(^o^)/

 

6月になり『June Bride』の季節となりました♪

6月は結婚式が多い!?と思われる方も多いかと思いましが、ここ会津ではそんなに多くはないのです!

なぜでしょう?

そこで『June Bride』の意味を調べてみました☆

ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚。

欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。

しかし、由来は様々な説があり、代表的なもので3つあります。

 

女神「JUNO」説☆

6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えがあります。

☆気候・季節説☆

ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しているそうです。また、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

☆結婚解禁説☆

農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

 

『June Bride』は、ヨーロッパでの色々な言い伝えからうまれたようです(*^^*)

こんな素敵な意味があったんですね❤

日本の6月は梅雨まっ只中・・・

そう考えると結婚式が少ない理由もわかりますね。

『June Bride』

6月になり、テレビ番組でもウェディングに関するコーナーや、紹介を多く見かけます。

みなさんも参考にしてみてください!(^^)!

 

 

 


2014年6月5日(木)|Comment(0)

コメント

コメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバックURL

http://www.toho-wedding.jp/staff-blog/2014-06-05/12620/trackback/



ページの上へ