スタッフブログ

Home > スタッフブログ > もうすぐクリスマス★

もうすぐクリスマスですねぇ!!!

今年はどんなクリスマスになるでしょうか(^^)

ちょっとの雪はきれいだけど

大雪は…ですね(^^;)

 

さてさてクリスマスといったら

「トナカイ」

「クリスマスツリー」

「クリスマスリース」

などなど、いろいろありますよね!!

そこで調べてみました(^^)

 

『赤鼻のトナカイ』

有名なクリスマスソングにもありますよね

サンタさんが世界中の子供たちにプレゼントを

届けるにはたくさんのお手伝いが必要です

ソリを引くトナカイ、実は8頭いたんだそうです!!

(ご存知でしたか?? 私は知りませんでした…)

そして、もう1頭特に有名なトナカイがいたそうです

あるクリスマスの日、霧が深く立ちこめてサンタさんと8頭のトナカイは

子供たちにプレゼントを届けに出発できないでいました

そこに登場したのが夜道を照らす赤い鼻のルドルフ!

彼は自分の赤鼻をいつも恥ずかしく思っていましたが、

彼の特別な鼻のおかげでサンタさんは無事にプレゼントを届けられたと言うわけです

それがあのお歌になったんですね!!!

 

『クリスマスツリー』

起源はドイツ。クリスマスツリーの由来にも諸説ありますが、

厳しい冬の中でも葉を落とさない常緑樹は

『永遠の命の象徴』として尊ばれ、ドイツ地方の信仰では

『もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれる』

という信仰から、花やローソクなどでモミの木を飾りつけることで、

木に宿る小人がとどまって力を与えてくれるとされています

また、宗教改革で知れるマルチン.ルターが

礼拝の帰りに常緑樹の間にきらめく星の美しさに心を打たれ、

子供たちのために再現しようと家の中にもみの木を持ち込み、

火のついたろうそくを飾ったことが

イルミネーションの由来となったという説もあります。

それからドイツではクリスマスツリーの飾り付けが一般的になり、

やがてローソクが電球のイルミネーションや様々なオーナメントが

飾られるようになったと言うことです。

クリスマスツリーのてっぺんに飾る星(トップスター)は、

キリストが生まれたベツレヘムへ東方の賢者を導いた輝く星を表しています

 

『クリスマスリース』

葉に強力な殺菌・抗菌作用のある常緑樹(モミ、ジュニバーなど)を

厄除け・魔除けとして室内と玄関に飾られるようになったといわれます。

また、豊作を願う麦の穂、ブドウの蔓、松ぼっくり、リンゴなどを使ったリースも見られます

 

 

クリスマス…

大人になってもなんだかワクワクしますよね★

 

クリスマスツリーの飾り付けのイラスト


2014年12月12日(金)|Comment(0)

コメント

コメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバックURL

http://www.toho-wedding.jp/staff-blog/2014-12-12/13613/trackback/



ページの上へ