スタッフブログ

Home > スタッフブログ > 2016.1.20 12本のバラに想いを込めて

みなさんこんにちは!

道路も白く雪が積もり会津の冬らしくなりましたね

滑らないよう運転にはお気をつけください(*_*)

 

 

ところでみなさんダーズンローズをご存知でしょうか?

ダーズンローズとは1ダース(12本)のバラのことです

ヨーロッパに伝わる12本のバラを恋人に贈ると幸せになれるという習慣に由来した演出です

 

ブーケブートニア伝説に似ていますが

12本のバラはそれぞれ、

感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠という意味が込められています

 

新郎から新婦にダーズンローズを渡して改めてプロポーズし

新婦はYESの返事としてもらったバラの中から1本を選び新郎の胸にブートニアとして挿します

 

とても素敵な演出の1つですよね♪

 

例えば人前式で

新婦よりも先に新郎が入場する際、先にゲストに渡しておいたバラを1本1本集めながら歩きます

その後新婦が入場し、祭壇まで来たらダーズンローズを渡します

この時、感謝のバラは両親から、信頼のバラは友人からなど

意味を込めて行うとより思い出深いものになると思います

 

披露宴や二次会でも

あらかじめゲストにバラを配っておき、1人ずつ前に出てもらい

バラの意味とお祝いコメントを発表しながら新郎にバラを渡していきます

その後新郎から改めて新婦にプロポーズします
ゲスト全員にバラに込められた意味を伝えることができ、

お世話になった人に参加してもらえる演出です

 

またセレモニーとしてだけではなく

テーブル装花や新婦の身につけるアクセサリーなどに

ダーズンローズを取り入れてみてもいいかもしれないですね!

キャンドルなど小物の数を「12」にこだわるって設置するのもおすすめです☆

 

 

バラの花は他にも色や形、本数によって色々な意味がありますので

皆さんも結婚式にバラの花を使ってみては

いかがでしょうか❤️❤️❤️


2016年1月20日(水)|Comment(0)

コメント

コメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバックURL

https://www.toho-wedding.jp/staff-blog/2016-01-20/16525/trackback/



ページの上へ